兵庫県神戸市北区藤原台の眼科・小児眼科なら西崎眼科へ。神戸電鉄三田線「岡場」駅よりすぐにございます。白内障や緑内障、斜視や眼瞼内反症などでお困りの方、コンタクトレンズ処方等、お子様からご高齢の方まで幅広く診療。お気軽にご相談ください。

小児眼科外来について

小児眼科外来について

小児眼科外来について

〈完全予約制〉毎月第3・第4金曜 午後

当院では斜視や弱視の方を専門とした「小児眼科外来」を、毎月第3および第4金曜日の午後に「完全予約制」で行っております。
小児の検査は時間がかかりますので、一般の患者さんと完全に分けた枠を設けております。

受診の流れ

まずは小児眼科外来担当の西崎Drが担当している一般外来日(月曜・火曜・木曜午前・土曜午前)を受診してください。そのあと必要な方に対して、次回の「小児眼科外来」の予約をお取りします。

小児眼科外来への想い

小児眼科のきっかけ

私が眼科医になり最初に勤務したのは、神戸大学医学部付属病院でした。当時の教授が小児眼科を専門とされていたので、自然と斜視や小児の患者さんに数多く触れる事ができました。

平成14年からは4年半にわたり兵庫県立こども病院で小児眼科診療に従事し、その後の病院でも弱視や斜視の治療に当たってきました。

小児眼科の判断

私が小児眼科診療をしていて良く訊かれる質問に、《うちの子は正常ですか?》があります。例えば視力検査ひとつとっても、当然1歳の時はできません。2歳半で出来る子供もあれば4歳すぎで可能になる子もいます。

視力の値というのは年齢や発育の程度によって様々なもので、一律に横並びに評価すべきでないと考えています。なので《正常》とはお答えしにくいですが《順調》かどうか判断することはできます。

小児眼科の治療

治療に関しても同じで、例えば弱視のメガネ装用に関しても、強い遠視があるのに小学校まで正常に視力発育する子供もいれば、ごく軽度の左右差でも弱視を生じてしまう子供もいます。それは同じ病名でも程度も年齢も違えば、やり方が異なるということです。

斜視や弱視の治療に《こうすれば絶対!》という正解はないと思うのですが、その時点で《ベストな選択》(経過観察を含む)を提案してあげられたらと考えています。

そのほか眼瞼内反症(逆さまつげ)や小児白内障・未熟児網膜症(瘢痕期)など、お困りのことに何かしらアドバイス(セカンドオピニオンを含む)をすることはできると思います。

また成人の斜視に関しても治療を承っておりますので、容姿や機能面でお困りの方は、一度相談にいらしてください。

初診の方へ|詳しくはこちら 小児科眼科外来について|詳しくはこちら コンタクトレンズについて|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら

問診票ダウンロード(PDF)

あらかじめプリントアウトした問診票にご入力のうえ、ご来院頂くとスムーズです。

クリニック情報

〒651-1302 兵庫県神戸市北区藤原台中町1-2-1
北神中央ビル302

お気軽にお問い合わせください

TEL 078-987-3030
神戸電鉄三田線「岡場」駅より すぐ

100台(駐車料金:100円/時間)

診療時間
  9:00~12:00 手術
15:00~18:00 手術

…西崎Dr ◯…田上Dr ◎…小児眼科外来(第3・第4のみ)

休診日土曜午後、日曜、祝日

初診受付時間8:45〜11:30、14:45〜17:30

再診受付時間8:45〜11:50、14:45〜17:50

初めてのコンタクト受付8:45〜11:00、14:45〜17:00

小児眼科外来第3・第4金曜午後のみ実施〈完全予約制〉

PAGETOP
Copyright © 2022 西崎眼科 All Rights Reserved.